2019年 ゴルフルール改正

2019年1月1日からゴルフのルールが改正され、以下のように変更になります。

 

1・距離測定器の使用の許可。ただし、高低差のわかるものの使用は禁止となります。

2・準備の整った人から先に打つ事ができるようになります。

3・ボールのドロップを肩の高さから、膝の高さからに変更。

4・ボールの探索時間を5分から3分に短縮されます。

5・バンカーに入ってしまってもアンプレアブルを宣言すれば、外に出して2打罰で打つ事が可能となります。

6・バンカー内のルースインペディメントを取り除く事が可能となります。

7・グリーン上で不可抗力でボールを動かしてしまった場合、ペナルティに課される事がなくなりました。

8・パットのライン上の修復がボールマーク以外できなかったのが、スパイクマークやその他の地面の傷に対しても可能になります。

9・パッティングの際、ピンをぬかないでも大丈夫になります。また、グリーン上に置いたピンにボールが当たっても無罰になります。

10・今までは2度打ちは1打罰が課せられていましたが、無打罰になります。

11・ストロークした球が偶然プレイヤーや自分のキャディや用具に当たってもは無打罰になります。

12・救済を受けてドロップする際、ボールを交換する事が可能になります。

13・ボールを探す時に不可抗力でボールを動かしてしまった場合、ペナルティに課される事はなくなりました。

14・ウォーターハザード(ルール改正後はペナルティエリア)内ではクラブをソールしても大丈夫となります。またバンカー同様ルースインペティングメントを取り除くことできます。

15・スタンスをとり始めた後、キャディが後方に立つ事が禁止になります。

16・ティーインググラウンドがティーイングエリア。スルーザグリーンがジェネラルエリア。ウォーターハザードがペナルティエリア。と各名称が変更されます。

 

引用元・https://www.cotsugolf.net/gr2019di